2016年06月07日

Google Chromeで、ホームページの表示がおかしくなった

土曜日にホームページを見ようと思ったら、なぜか一部の画像が表示されない、表示のレイアアウトが崩れている。何度か再読み込みしてみると、うまく表示されるが、とても気持ちが悪い。

そこで、いろいろいじってみた。
キャッシュとCokckiesの削除、Chromeの削除と再インストールしてみたがダメ。
最終的に、設定のリセットで、完全に治りました。
すべて消えるのかと思ったのですが、ブックマーク、履歴、パスワード記録などはリセットされないようです。入れていた拡張機能も残っていましたが、無効になっていました。

最初から設定のリセットをすればよかった。
Chromeがおかしいときは、おすすめです。

やり方は、メニューの設定→詳細設定の表示→設定のリセット

chrome1.PNG

chrome2.PNG
posted by おっさん at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

パソコン VAIO SEを初期化したら、治りました

調子が悪いと書いていたパソコン(ソニー VAIO SE)ですが、

結局初期化しました。

結果、それまでの不調が嘘のように快適になりました。

やっぱり、あまりにおかしくなったときは、リカバリーが手っ取り早いですね。

初期化の手順としては、Windows7なので、標準で付属するWindows転送ツールで、

データをバックアップ。

その後、マニュアルに従って、ソニー VAIO SEを工場出荷時の状態にリカバリー。

その後、Windows転送ツールで、アプリの設定、データ等を復元して、

必要なソフトを再インストールという流れ。

工場出荷時に戻して再度環境の構築は、以前にもやったことがあり、

1日仕事になるのは覚悟してました。


しかし、動きが重くなってるせいか、異常に時間がかかりました。

データにバックアップに12時間!

工場出荷時に戻すのに、16時間!

1日どころか、2日以上かかりました(^_^;)


ただそれ以降は、すんなりと進み、Windows転送ツールの書き戻しも3時間ほど。

アプリケーションの再インストールもすんなりと。


やっぱり時間がかかったのは、パソコンの動きがおかしくなってたせいでしょうね。


今回は、快適に動いているうちに、バックアップをしようと、バックアップソフトを

物色中。いろいろあって、どれがいいのか調べています。


ソニーストア


ところで、VAIOが3日ほど使えなかったので、前に使っていた

Lenovo Thinkpad X201を久しぶりに使ってみました。

久しぶりに使うと、やっぱりThinkpadは使いやすいですねー

トラックポイントは使いやすいし、キーボードも打ちやすい。

まあX201だと12.5インチと画面が小さいのですが・・・

Thinkpadは、性能の割に、価格が安く、コストパフォーマンスもいい。

またThinkpadに戻るかも・・・

タグ:Lenovo thinkpad VAIO
posted by おっさん at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

パソコンの調子が悪い

今は、約2年ほど前に買ったSONY VIO SEを使っています。

se1_b.jpg

15.6インチフルHD液晶、第2世代core-i5。この製品のウリとして、

GPUを別に積んでいて、CPU内臓のグラフィックと切り替えて、

スピード優先か、スタミナ優先か選べるようになっています。

性能的には、現在でも、それほど困るほどのものでもありません。

ただ、ここ数カ月どんどん調子が悪くなってきて、最近では

しょっちゅう固まるようになってきて困っています。

無線や、Bluetoothはたまに切れるし、DVDはいつの間にか動作せず。

グラフィックモードの切り替えも動作しません。

記憶では、買ってすぐ冷却ファンの不良で修理したのですが、

その後は、そこそこ好調に動いていました。

ただ、ここ2年で、アプリケーションなんかもかなり入れてるし、

システム的に重くなっている可能性も高く、故障と

決めつけるわけにもいきません。

不要なソフトは削除したり、常駐サービスの調整とかもして、

少し改善したのですが、焼け石に水という感じ。

一度、初期状態に戻して動作を見るのがいいのですが・・・

データのバックアップして、リカバリー、環境の再構築と

大変な作業。

いっそ新しいのを買おうかとも、思っています。

ただ、ソニーストアで、3年ワイド保証で購入したので、

故障があっても、基本的には無償で全部修理はしてくれるはず。

悩ましいとこです。

ところで、ソニー パソコン事業をファンドに売却、新会社に

移行しますが、サービス自体は、今後も続けてくれるそうです。

その辺は安心ですね。

ところで、ソニーの直販ストア「ソニーストア」ですが、

細かいアクセサリーでも送料無料だし、通常の1年保証が

無料で3年保証になったりと、結構お得なサイトです。

私が今回のバイオで入ったのは、通常の保証に加えて、

水没や、落下など、通常の保証でカバーされない故障まで

保証範囲に含めてくれるワイド保証で、こちらは有料サービスです。

こちらは、ヨドバシなどで有料でやっているサービスと同じですね。

ただ購入履歴で会員制度があり、定期的にワイド保証無料クーポンや

商品割引クルーポンがもらえます。

実は、このパソコンも、ワイド保証無料クーポンを使って無料で

入ったものです。

ソニー製品を買うなら結構オススメのお店ですよ。

ソニーストア

ソニーストア








posted by おっさん at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

銀行を騙った巧妙なメール詐欺! ウィルスバスターに救われた!

最近銀行や様々なネットサービス会社から、偽のメールによって、

パスワードを盗まれる被害がふえているので、注意するようにとのメールが良く来ます。

結構前からその手の偽メールはきていたのですが、いかにも怪しげ感じで、

これまで、引っかかることはありませんでした。


最近のこの手のメールは、非常に凝っていて、銀行のロゴマークがついていたり、

本当にその銀行からのメールかと勘違いしてしまいそうなほど、完成度の高いものも。


昨日東京三菱UFJ銀行を騙ったメールは、非常によくできていました。

実は、最初本物かと思ったくらい(笑)


一応怪しい偽メールのチェック方法です。

・送信元が、本家と異なる

・クリック先が本家とは違うサイト

・メールの日本語の文章が日本語として変

・書かれている内容が、おかしい。

 (例えば不正ログインがあったから、一度パスワードをいれてくれととか)

・そもそも口座を持っていないとか、銀行に登録してあるアドレスと別のアドレスに送られてくる。

最近は、この手の偽のメールが多いので、上記のような点はチェックしています。

それで、これまでは、間違えたことはありませんでした。


で、今回きた東京三菱UFJ銀行を騙ったメールですが・・・

・送信元は、本家のアドレスを偽装。
  (後でヘッダーを調べたら、中国からのようでした)

・メール上の画像にマウスを持っていくと、本家のサイトが・・・
 実際にクリックすると、中国ドメインのサイトでした。
 いったいどうやってやるのでしょう?

・日本語の文章は完璧

・キャンペーンのご案内となっていて、自然な内容。
 しかも、応募してみようかと思わせる内容(笑)

異変に気付いたのは、パソコンにインストールしてるウイルスバスター
危険なサイトという警告を出して、ブロックされたから((汗)

トレンドマイクロ オンラインショップ

ウイルスバスターは、定期的に、ウィルス感染されたサイトや違法なサイトを

チェックして登録しているようで、危ないサイトにアクセスしようとすると、

警告がでます。

おそらく他のセキュリティソフトでも、こういう機能はあるんじゃないかと思います。

やっぱり、ちゃんとしたセキュリティソフトは入れとくもんですね(笑)


ちなみに、危険を承知で、飛ばされたサイトを見てみたのですが、中国ドメインですが、

本物そっくりでした。

こういう詐欺はどんどん巧妙になってるようで、注意が必要ですね・・・

P.S. 偽サイトにアクセスした後は、念のため、ウイルスバスターで、ウィルスのチェックはしました。

キャンペーンページ
posted by おっさん at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

Windows8 アップグレードするか

windows8が発売されて1カ月。
導入された人はいるのでしょうか?

私は、新しいバージョンが出ると、発売と同時に購入し、迷わずアップグレードしてきた。
しかし、今回のWindows8は、かなり微妙。

コピー機能が強化されたり、描画速度も向上しており、アップグレードのメリットはあります。
ただ、ホームページで表示されるスマートフォンっぽい画面はなじめないし、
タッチパネルを装備しないパソコンではメリットを感じない。
スタートメニューはないものの、Windows7と同じような画面構成にもできるので、慣れの
問題なのかもしれませんが・・・

windows7からなら、ソフトの再インストールなしで、そのままアップグレードできるし、
互換性もかなり高いようで、調べたところ私のパソコンにインストールしてあるソフトは
そのまま動きます。

今ならWindows8proのダウンロード版なら、3300円とこれまでのマイクロソフトの価格設定を
考えると、破格のキャンペーン価格。
Windows8proなら仮想化ソフトも使えるし、料金も安く、アップグレードも簡単。

タブレットPCを使っている人なら、多分即アップグレードなのでしょうが、
残念ながら私の使っているパソコンはすべて通常のキーボードタイプ。

アップグレードマニアの私でも、迷いますが、今のパソコンがwindows7 home premiumなので、
windows7 home premiumからwindows7proのバージョンアップは1万円ほどだったことを考えると、
3300円で、Proにバージョンアップすると考えればかなりお得。

おそらくアップグレードするでしょう。


posted by おっさん at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
デル株式会社