2014年07月07日

国外居住の永住権者、国際結婚した日本人は、ジャパンレールパスが使える

私の友人(日本人)が、フィリピンの永住権を持っていて、フィリピン居住。

最近短期帰国しました。

ご存知の方もいるかも知れませんが、フィリピンは、非常に簡単に

永住権ビザを取得できます。

長くなるので、ここでは省きます。

さて、今回友人は、ジャパンレールパスで、日本の国内を旅行するとのこと。

ジャパンレールパスというのは、外国からの旅行者向けに、JRグループが

販売しているレールパスで、新幹線を含む(のぞみ号、みずほ号を除く)

日本全国JRグループすべての列車、バスに乗り放題という、激安パス。

ヨーロッパには、ユーレイルパスという乗り放題の鉄道パスがありますが、

あれの日本版ですね。

料金は、

7日間 29,110円
14日間 46,390円
21日間 59,350円

どれくらい安いかというと、東京ー京都の往復は、27,200円なので、
7日間用なら、それでほぼ元がとれる非常にお得なパスです。

このジャパンレールパス。普通の日本人には買えません!

実は、日本人は完全に対象外かと思っていたのですが、

国外居住者で、下記の条件を満たせば買えるんだそうです。

1.その国に永住権をもっている場合
2. 日本国外に居住する外国人と結婚している場合

友人は、1の条件にあてはまるので、購入可能だそうです。

外国の永住権があっても、外国人と結婚していても、

日本に居住している場合は対象外ですよ!

永住権を持っている人は少ないかもしれませんが、

外国人と結婚して、国外に居住している人は結構いるのでは?

もし、当てはまる方は、利用してください!

ジャパンレールパスの詳細はこちら
posted by おっさん at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

15年前のデジカメ発見!意外と使えるものだ~ Canon Poewhot A50

押入れを整理していたら、古いデジタルカメラが出てきた。

機種は、Canon Poewhot A50 !

99年に発売されたモデルで、直後に買ったはずだから、すでに15年前の

機種ということになる。
(実は当時ガジェット好きで、デジカメは2代目。前は富士フィルムのDS-7を使っていた)

驚いたことに、電池を入れてみたら、普通に動いた!
Canon Poershot A50Canon Poershot A50


当時は、79,800円という定価だった。

実際、いくらで購入したか記憶がない。


現在では、家電製品に定価と言う概念はないので、分からないかも

しれないが、実際は、この定価より安く買っていた。

本筋の話じゃないので、この定価の話は割愛する。

時間があれば、別の記事を書こう。


言えるのは、今に比べれば、デジカメは、ずっと高い製品だった。

スペック的には、画素数 131万画素。1.3Gではない(笑)
ズームは、光学2.5倍。

今より1ケタ違っている(笑)


更に大きな違いは、サイズ!

幅 103 mm×高さ 68 mm×奥行37.3 mm
重量 約260 g (バッテリー・CFカード除く)

今のデジカメに比べると、一回り、二周り大きい。

特に、37.3mmという厚みが・・・

キャノンホームページはこちら


しかし、私は当時これを使っていて、それほど不便ではなかった。

もちろん今の機種の方が断然便利だが・・・

現在では、スマートフォンでも画素数は、2000万画素。

それに対して、この機種は、131万画素。

この差って、圧倒的なものと思うかもしれない。

でも、写真印刷したり、画像を拡大して、部分を見たりなどをせず、

普通にパソコン画面で、見る分には、実はそれほど変わらない。

この写真は、2002年に旅行したした時に、このデジカメで

撮影したものです。


Canon Poershot A50Canon Poershot A50

そんなに画像が汚いでしょうか?変でしょか?

みなさん、どう思います?


むしろ写真の腕と言うか、構図の撮り方などのまずさの方が目につきます。


私たちは商品を選ぶ時、スペック優先で考えてしまうのですが、

実際は、自分の使い方を考えれば、ある一定のレベルを越えれば、あとは関係ない。

あとはコストや、使い勝手、便利な機能、デザインなど総合的に判断すれば

いいのだろうと思った。

それが賢い購入者なのかなと思いました。


P.S.このデジカメ欲しいと思う人いるのでしょうか?
今更発見されてもコレクターではないし、他のデジカメを持ってるので、
  わざわざこのデジカメを使うのも・・・(^_^;)


posted by おっさん at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

地震保険

3月31日の東日本大震災以来、いろいろな意味で

災害に対する認識が変わりました。


ずいぶん前から、東海地震の可能性は言われていましたが、

西南海、関東など、日本の大半の地域では、大きな地震の

可能性があります。


東北の被害を見ると、痛ましくつらく感じると同時に、

自分にも起こりうることという不安も感じます。



東日本大震災のずいぶん前から学会で発表されていたのですが、

首都圏直下型地震が10年以内に起こる可能性は90%以上という

説があるそうです。

ちなみに、これをモチーフにしたドラマが、江口洋介、松島奈々子主演の

救命病棟24時パート3です。

私の住む神奈川県も東日本大震災の時は大きな揺れでしたが、

直下型となれば、おそらく大きな被害がでるでしょう。


自分が大地震にあうなんてと、楽観していたのですが、

東北の被害を目の当たりにすると、人ごとではありません。

とはいえ、非常食、薬品の常備、家具の固定等、できることは

限られるのですが・・・


実は知らなかったのですが、通常の火災保険では、地震の被害は

対象外だそうです。約款を見ると、小さい字で天災は除く

とたしかに書かれています。


地震の被害に対応する為には、別途地震保険に入らなければならないそうです。

地震保険は、民間の保険会社が扱っていますが、政府が再保険を

かけており、被害額が大きく民間の保険会社の負担できない場合、

国が代わって支払いを行う仕組みになっているそうです。


地震保険はいいかなと思っていましたが、万一の時を考えれば、

地震保険も入っていた方がいいなと思っています。


当然保険料がかかりますが、火災保険と違って、

地震保険には、税金の控除の扱いがあります。

所得税と住民税を合算して、最高75,000円が所得から控除され、

税金も安くなります。

安心の為、一度検討してみてはどうでしょうか?


日本最大級の保険比較サイト-保険市場という保険の比較サイトで、地震保険の見積もりもできるようです。

タグ:地震 保険
posted by おっさん at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ついに登場!卵がけごはん専門店!

町中を歩いていて、面白い店を見つけました。
タイトルにあるとおり、卵がけごはん専門店です。

外から覗いただけですが、食事時でなかったせいか、それとも流行っていないのかは不明ですが、店内にはお客の姿はなし!
メニューは、シンプルに卵かけごはん定食350円となぜか生プリンのみのようです。

専門店の卵かけごはんとやら。一度試してみたい気も・・・

NEC_0006.JPG
posted by おっさん at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

ブルートレイン 「富士・はやぶさ」引退

ブルートレイン富士・はやぶさが、3月13日で、終わりになるそうです。

ブルートレインっていうのは、寝台特急の愛称で、ヨーロッパの有名な
寝台寝台特急 フランスのLe Train Bleu(青い列車)から、名付けられたそうです。

ブルートレインって、昔からあこがれだったんですよね。
学生時代、はじめての九州旅行では、富士を使いました。
やっぱり旅に出るという、旅情があったんですけど。

ほんと寂しいものですね。

あれだけあったブルートレインも、廃止が続き、今回の富士・はやぶさの廃止で、東京駅発着のブルートレインは、全廃になるとか。

時間があれば、廃止までに乗ってみたいのですが、無理でしょうね。

時代の流れでしょうか?
確かに九州に行くなら、時間を考えれば、私でも、今は飛行機を選びますものね。

旅情より、スピード優先。効率を考えれば、仕方ないのかもしれませんが、残念ですね。
posted by おっさん at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | 更新情報をチェックする
デル株式会社