2008年04月04日

ティンバーランド「Yellow to Green」キャンペーン

テレビで見たのですが、地球の砂漠化が急速に進んでいるそうです。
エコロジーは私たちの生活とも無縁のものではないんですよね。
あらためて思いました。
今やエコは常識で、私の勤務している会社でも環境経営に力を入れています。

私の愛用している靴のティンバーランドも、砂漠の
緑化プロジェクトをやっていることを知りました。

緑化活動

ティンバーランドといえば、通称“イエローブーツ
ですが、新しく登場した「リップラー」シリーズは、100%オーガニックコットン、
アウトソールには、リサイクルラバーを30%使用など、環境にやさしい素材を使用、
環境に優しい靴=“グリーンブーツ”と愛称をつけ、
「Yellow to Green」キャンペーンをやっているそうです。

投資信託には「エコファンド」といって、環境に配慮している企業にのみ
投資するファンドもありますね。それほど環境問題って大事なんですね。

環境問題は、一人一人の行動から。資源の無駄使いをしない。ものを大事にする。
どうせ使うならリサイクルに配慮した商品を使いたいですね。


ティンバーランドキャンペーンHP
http://green-boots.jp/



posted by おっさん at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
デル株式会社