2014年06月24日

ペーパードライバー教習のススメ

日テレ「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみましたって、

番組をたまたま見てました。

番組公式サイトは、こちら

「真鍋かおり 裏の顔」って企画で、ペーパードライバー教習を受けていました。

真鍋かおりさん、免許を取って以来運転してなかったようです。

番組によると、最近女性の間で、出張ペーパードライバー研修が

流行っているらしいです。

たしかに免許を取って、すぐ乗らないで、期間が空いてしまうと

自動車の運転が怖くなっちゃうんですよねー

出張ペーパードライバー研修が流行ってるってことは、それなりに

自動車を運転する人が増えているんでしょうか?

都心部だと、車の必要性ってあんまりないんですけどね。

時間がたっても、免許をとった時に身に付けたことは、

それなりに覚えているもんです。

ただ、長い間運転してなければ、やっぱり怖いですよね、

家族、友人などに隣に乗ってアドバイスをもらうのもいいのですが、

そういう人の発言は、感情的なものが多かったりするし、聞く方から
も、そう言う人の助言は、なかなか素直にとれないもの。

そういう時は、ペーパードライバー教習をおすすめします。

番組でやっているような出張してくれるところがあれば便利ですが、

教習所なら、ペーパードライバー教習をやってるところも

多いと思いますよ。


実は、私も10年ほど前にペーパードライバー教習を受けたことあります。

私は、免許は18歳でとったのですが、完全なペーパードライバーでした。

正しく言えば、数回運転したことはあるのですが、写幅感覚が分からず、

事故を起こしかける始末。それ以来・・・

ではなぜ、ペーパードライバー教習を受けたのか?

私の場合、状況は切実。

某海外の国に赴任することが決まり、毎日の通勤は、自分で車を

運転する必要があったのです。

あまりに不安だったので、調べて、ペーパードライバー郷愁を受けました。

私の場合は、出張ではなく、教習所に行きました。

既にペーパードライバー歴10年を超えていますので、全く運転には自信なし。

教習所なので、所内で慣らし運転をするのかと思ったら、いきなり公道を

運転させられました。しかも、助手席にブレーキがある教習車ではなく、

普通の車で。

思わず「免許を取ってから10年以上運転したことがないので、いきなり無理」

でも教官は、一言「でも免許持ってるんでしょ。運転できるよ」

冷や汗をかきながらも、なんとか運転・・・

教官から、「大丈夫じゃないの?」って、お褒めの言葉をいただき、

結局1回で教習は終了。

実際は、現地に行って、毎日運転するようになって、1か月くらいは

大変でした(^_^;)




ちなみに、真鍋かおりさん、クラブマガっていうイスラエル生まれの格闘技も通ってるとか・・・

なかなかアクティブな人なんですね~
posted by おっさん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399866186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
デル株式会社