2011年06月19日

パナソニック ポータブルテレビDMP-HV200レビュー

今日は、パナソニックのポータブテレビ DMP-HV200を紹介します。



発売時にモニター販売で購入し、既に3カ月使用していますので、
使い勝手なども含めてレビューしようと思います。

このテレビを見つけたのは、モニター販売のサイトなのですが、
購入して正解でした。

10.1インチ液晶のポータブル地デジ・ワンセグテレビで、
31,800円(アマゾンの価格)と、今の32型の液晶テレビが
大幅に値崩れしている状況だとお安さはありません。

私の場合、ベットサイドに置いています。
それまでは、14インチのアナログテレビを使っていたのですが、
その置き換えということになります。


10.1インチというと画面が小さすぎるという印象もあったのですが、
サイズが小さいので、ホントに枕元に置けるということもあって、
意外と十分なサイズです。


まずこのテレビDMP-HV200の特徴を簡単に紹介します。

・10.1インチワイド液晶
・4ダイバーアンテナ内臓で、アンテナなしで、地デジ・ワンセグを視聴可能
・防滴仕様(防水ではありません)
・ジェスチャーコントロール(本体に触れずにチャンネル、音量などの操作が可能)
・無線LAN内臓
・お部屋ジャンプ機能(DLNAクライアント機能)
  LANでつながったDIGAの映像を再生する機能
・youtube視聴
・skype(別売のカメラが必要)
・パナソニックのレシピサイト(「おうちごはん)」)の閲覧・検索
・フォトフレーム機能
・SDカードに記録した静止画、動画再生
・USBメモリーに保存した静止画の再生
・ドアフォン対応
・別売バッテリーで約3時間半の使用が可能

というのが大体の機能の特徴です。

パナソニックとしては、台所でレシピサイトを見ながら、料理したりと
いった使い方を想定しているようですね。
それで防滴だったり、濡れた手でも、本体に触らずに操作できるように
なっているようです。

兄弟機として、DMP-BV300とDMP-HV150があります。
私自身この3機種の機能を比較して、DMP-HV200を選んだのですが、
DMP-HV200との比較で簡単に説明します。

DMP-BV300は上位機種です。(HV200より実売で3万円ほど高い)
HV200とは、デザインも異なり、いろいろ違う点もありますが、
大きな違いは、ブルーレイ内臓、バッテリー同梱、無線LANなし(有線のみ)。
無線LANアダプターは別売の専用品しか使用できない(約1万円)
防滴仕様なし



DMP-HV150は、HV200の下位モデルになります。(HV200より実売で2000円ほど安い)
違いは、バッテリー機能なし、無線LANなし(有線のみ)。
無線LANアダプターは別売の専用品しか使用できない(約1万円)



DMP-BV300は、ブルーレイ内臓の上、HV200では別売のバッテリー(実売で1万5千円)
が同梱ということで、コストパフォーマンスはいいと思います。

ただ私の場合、ケーブルを引くのが面倒なので、無線LANを使いたかったのと、
ブルーレイのソフトは、ほとんど持っておらず、余っているDVDプレイヤー
をつなげればいいということで、DMP-HV200にしました。

DMP-HV150は実売価格がさほど変わらず、無線LANアダプターを付けると
DMP-HV200より高くなってしまうということで、無線LANを使いたい私の
選択肢には入りませんでした。



私はベッドサイドで使用しているので、防滴、レシピ閲覧などは使っていません。

さて私の評価ですが、

○良い点

 ・本体の大きさ
  枕元におけるので、先に書いたように、10.1インチでも予想外に大きく感じ
  実用上は十分  
  DVDで洋画を見ても、字幕が問題なく読めます。

 ・無線LAN内臓
  やはり内臓は便利

 ・お部屋ジャンプ機能(DLNAクライアント)
  ポータブルテレビで、DLNAクライアントを内蔵しているのはやはり便利!

  メーカーでは、パナソニックのレコーダー(ディーガ)しか保証していませんが、
  私の使っているソニーのブルーレイレコーダーBDZ-AT500の録画映像を問題なく
  再生できました。
  各社のレコーダーの録画モードは、フルデジタルのDRモード以外は、各社いろいろな
  モードをつけていて互換性はないそうですが、ソニーがデフォルトに設定している
  SRモードの録画番組は、とりあえず問題なく再生できました。
  (最近の機械だと大体大丈夫なようです。ただし、保証外です)
  
  ただし、説明書によると、DIGAのチューナーのライブ映像をLAN経由で視聴できる
  ようですが、これは不可能でした。あくまでもソニーのブルーレイで録画した
  番組を視聴できるということどです。

  DLNAは使い始めてみるととても便利!

 ・バッテリー駆動
  実は、購入者向けのプレゼントに当選して、別売のバッテリーをもらいました。
  まだ使ったことはないのですが、これから、もし計画停電などが始まると活躍
  しそうです。

×良くない点

 ・環境にもよるでしょうが、私の家だと、内臓アンテナでは受信ができませんでした。
  携帯のワンセグも室内に入ると全く入らないので、予測はしていましたが、
  内臓アンテナでは、地デジはもちろん、ワンセグも無理でした。
  
  外部アンテナを接続できるのですが、その端子がジャック式!
  近所のヤマダ電機で聞いたら、普通はテレビに付属しているはずとのことで、
  取り扱いがなく、取り寄せになるとのこと。
  結局アマゾンで買いました。金額は忘れましたが数百円のものです。

  先代のモデルでは、付属していたようなので、今回の機種から省かれたようです。
  コストダウンなのでしょうが、ちょっと不親切。

 ・ジャスチャーコントロール
  私は枕元に置いているので、たまに手が画面に触れて、誤作動。
  確かにキッチンで濡れた手で操作するにはいいのでしょうが・・・
  私は、オフにしています。

○総合評価 

 防滴、レシピ閲覧など私の使い方では必要のない機能もありますが、総合的には
 大満足です。


★楽天で、DMP-HV200を探す★

★楽天で、DMP-BV300を探す★

★楽天で、DMP-HV150を探す★








アマゾンの方が安いようですね。

タグ:DMP-HV200
posted by おっさん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ポータブルテレビ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
デル株式会社