2010年10月26日

海外居住者の一時帰国時は免税で買い物ができるのです

先日勤務先の海外赴任者が一時帰国してきました。

その時に、海外居住者は、免税で買い物ができると教えてあげて、
喜ばれたので、書いておきます。



意外に知られていないのですが、日本の場合(日本に限らずですが・・・)

日本居住者と非居住者では、免税枠が異なっています。

日本に場合、タバコの免税枠が倍になるだけなようですが、非居住者の方が、

全体的に枠が大きくなっています。

居住者と非居住者の区別は国籍は関係なく、あくまでも住所で判断されます。

つまり海外赴任、留学などで日本以外に住所がある場合、日本国籍で

あっても、関税上は非居住者となります。

つまり、日本に旅行にくる外国人旅行者と同じ扱いです。

日本に住んでいて、海外旅行に行くと現地で免税で買い物ができます。

それと同じで、日本の非居住者が日本に一時帰国した際は、免税で

買い物ができるわけです。


これのどこがいいかというと・・・

海外に住んでいると、日本に一時帰国時にデジカメやコンピュータなんかの

大物を買うことが結構あります。

外国旅行者と同じで、この時に、免税手続きをすれば、免税で買い物が

できるわけです。

日本の場合、ほとんどの商品に関税がかかっていないので、大抵の商品は、

消費税の5%が免税額となりますが、金額が大きければ、結構な金額!!

手続きは、パスポートを持って、免税取り扱い店で買い物をして、海外居住なので

免税手続きをしてほしいというだけです。手続きは簡単でパスポートを提示して、

簡単な書類(複写式で、1枚は税関提出用)に記入するだけ。

それで、5%引きですから、結構お得です。


いわゆる免税店だけではなく、都心の大手の家電店やデパートなどは、大体

用紙が置いてあって、手続きをしてくれるはずです。


通常は支払いの時点で税額を差し引いた額で支払い。

出国時に、渡された税関提出用の用紙を税関に提出します。

規則上は、このときに購入した商品を見せるのが原則です。だから預ける荷物には

入れないで、手荷物にしてください。

ただ、以前海外に住んでいた頃に、何度かやったことがありますが、実物チェックは

一度もなかったと思います。

なお聞いた話では、税関に書類を提出しないと、販売店に課税されるとのこと。

必ず出国時の手続きはしてくださいね。



ついでに、これもあまり知られていないのですが、実は日本居住者であっても、

海外の友人へのお土産などで、購入後すぐ海外に持ち出し、再び日本に持ち込まない

場合も、やはり免税で購入することができます。

私はやったことがないのですが、航空券の提示を求められたとかという話も聞きました。

詳しくはお店で聞いて見てください。


なお日本居住者で、海外旅行時に、友人へのお土産等の名目で免税で購入し、出国したあと

そのまま日本に持ち帰ると、日本入国時に通関の義務があり、関税がかかります。

日本人の日本入国時の税関は結構甘いですが、悪用しないように!!


参考リンク 税関
posted by おっさん at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お得情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167223890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
デル株式会社